" 自動車保険「安い通販型の方が評価が高い」というのは本当です

「安い=不安」「高い=安心」という噂に惑わされてはいけない!

ポイントむしろ安い自動車保険の方が顧客の評価が高い

保険料が高いのに事故対応などの評価が高いとは限らないのが自動車保険の不思議な点です。

各種顧客満足度調査ではむしろ安い通販型各社の方が毎年ランキング上位を占めているのが現実です。 (顧客満足度調査の例・・・事故などで実際に保険を使った人10,000人による評価)
※安い保険は「出し渋りが心配」という話も眼にしますが、2005年以降金融庁の行政処分を受けた保険金未払い案件は「高い」代理店型各社の方が圧倒的に多いというのが現実です。 ⇒保険金不払い事件の概要

自動車保険の場合は、高い料金を支払ってもそれに見合う「安心」や「満足」を買っていることにはならないのが実態です。  こんな商品は自動車保険だけかもしれません。


ポイント安心して選べる「安い自動車保険」

代理店コスト等の違いで保険料に大きな差がありますが、そもそも通販型も代理店型も金融庁の厳格な認可・監督による同格の保険事業です。

保険料が安いか高いかは顧客の満足度とは関係がなく、むしろ安い方が事故経験者などの評価が高いのですから、もう「安いから」というだけで心配する理由はありません。
このポイントが分かれば、安い自動車保険でも安心して選ぶことができます。


ポイント安い自動車保険が一括見積もりで簡単にわかる

完全無料、電話勧誘や加入義務などの心配のない「一括見積もり」サービスを利用すると、自分の条件による安い自動車保険を一度に探すことができます。
一括見積もりは、毎年80万人以上が利用する安心の無料見積もりサービスです。

<厳選おススメの一括見積もりサービス>
免許証・車検証・今の保険証券を準備し5~10分で申込み入力が完了。
(初めての自動車保険なら車の型式だけわかれば入力ができます。)

順位    サービス           詳         細
第一位

インズウェブ

自動車保険 見積もり

業界最多 最大20社の一括比較が魅力
一括見積サービス最多の提携社数が安い保険選びに力を発揮します。
多数からの絞込みにも最終決定にも簡単・便利に利用できます。
見積サイトは親切な利用者口コミなど、お役立ち情報が満載です。

詳細はコチラ こちら 自動車保険 見積もり
第二位

保険スクエアBang!

最大17社、最も古くから利用されている信頼の一括見積
最大17社を一括比較、リアルタイムのシミュレーションも可能です。
画面の案内が親切で、初めての人でも約10分で入力が完了。
見やすく分かりやすい一覧でマイペースの比較・検討できます。

詳細はコチラ こちら 保険スクエアbang!
第三位

カービュー

信頼の最大8社が絞込みに便利
有力で信頼の最大8社一括見積もりが経験者などに便利。
車の広い情報が得られるカービューならではのサイトが魅力です。
ビギナーより中級車や事情通等車好きにピッタリの一括見積もり。

詳細はコチラ こちら カービュー

保険料が高いのになぜ顧客の評価は高くならないのか?

なぜ代理店型各社の自動車保険は保険料が高いのになぜ顧客の満足度が高くならないのでしょうか。

結論を先に言えば、代理店型各社では割高な保険料が事故対応などのサービス充実に充てられない形になっているということになります。

ポイント代理店手数料がサービスに還元されない単なる中間マージンになっている

ポイント中間コストのうち代理店手数料は保険料の10~20%にも相当する
ポイントこの高額なマージンに見合うかも知れない専業代理店は全体の1割程度しか居ない
ポイントさらに、その専業代理店といえども「事故対応」は法令上行うことができない

この3つが保険料の高い代理店型の真の姿を知るための重要ポイントです。

つまり、いざという時の「事故対応」を本社が直接行うのは通販型でも代理店型でも全く同じことであり、保険料割高の要因である「代理店」は事故対応の良し悪しには関係のない存在だということです。

事故などの際の代理店による仲介・あっせん等は法律で硬く禁じられています。
できるのはアドバイスくらいですが、的確なアドバイスができる専業プロ代理店は業界全体でたった1割程度しか居ないのです。

ポイント「現場駆けつけ」より「初期対応」の方があるかにありがたい

「いや、代理店は現場に駆けつけることができる」という話があるかも知れません。
しかし、保険の素人であるクルマ販売店の方などに駆けつけてもらって、一体何の助けになるのでしょうか。

それよりは、通販型各社の方が圧倒的に充実している365日対応の初期対応サービスの方が契約者にとってははるかにありがたいサポートになります。
初期対応・・・事故直後のアドバイス、警察・相手方等への連絡、病院・修理工場・代車などの手配、その他)


すでに500万人が利用!最大20社の【無料】一括見積もり
自分の条件で安く安心な自動車保険を見つける
こちら こちら こちら
自動車保険 比較

          ※利用しても加入義務や電話勧誘の心配がないのが一括見積もりの良い点です。
          ※免許証、車検証、保険証券を準備し、入力は10分ほどで完了です。

安い自動車保険|一括見積もり利用者の体験談

一括見積もり利用者の口コミや体験談によって、現実の利用者の満足度や安心感などを知ることができます。

■インズウェブ~一つ一つにコメント付

口コミ情報がとても丁寧。利用者の声一つ一つに的確なコメントが付いていて適切にガイドしてくれます。

■保険スクエアbang!~は簡潔でバックナンバー豊富

保険スクエアbang!の「利用者の口コミ」は簡潔でとてもわかりやすく、バックナンバーも豊富です。(2007年分から掲載)

■カービュー~FAQがとても的確・親切

カービューは、FAQがとても的確・親切で、ここを見ればほぼ不安・疑問は解決するでしょう。特に不安がない場合でも眼を通しておいたほうがよいFAQです。

安い自動車保険|一括見積もりの保険料比較例

自動車保険 安い

一括見積もりによる保険料の比較例です。

このように同条件での各保険会社の相場の違いが一目瞭然で、自分にとって一番安い自動車保険を知ることができます。


30代家族(※保険スクエアbangの公式ページから引用)
■年間保険料
(対人-無制限、対物-2千万円、搭乗者障害-1千万円、人身障害-なし)

  • チューリッヒ    37,080円
  • ゼネラリ      37,910円
  • セコム損保     38,260円
  • アクサダイレクト  40,280円
  • ソニー損保     42,760円
  • そんぽ24     43,290円
  • 三井住友海上    50,040円
  • AIU       52,520円
  • あいおい損保    52,800円
  • 日本興亜損保    57,540円
  • 富士火災      56,990円
  • 東京海上日動    57,770円

【条件】 住所/東京、年齢/33歳、次契約/14等級、30歳以上担保、走行距離10000km、車体/ホンダ・ステップワゴン、型式/RF7、使用目的/レジャー、免許証の色/ゴールド、運転する家族/配偶者(30歳)、家族限定/なし、エアバック、ABS装置/あり、車両保険/210万円(一般、免ゼロ付)

一括見積もりの入力は難しくありません。
免許証、車検証、保険証券を準備すれば最短で5分、長くても15分程度で完了です。

既に候補を絞り込んでいる場合、指定する数社だけを比較することもできます。

保険料だけでなく補償内容、事故対応、ロードサービスなどの比較も可能です。

     ※利用しても加入義務や電話勧誘の心配がないのが一括見積もりの良い点です。
     ※免許証、車検証、保険証券を準備し、入力は10分ほどで完了です。


※クルマのはなし一行メモ
軽自動車はまれに見る値落ちの小さい車。
売却する時は下取りを避け車買取業者の競争で高値を狙いましょう。
軽自動車を査定・売却するには無料一括査定がピッタリです。

安い自動車保険探しは一括見積もりでOK!

自動車保険市場の自由化により、かつてのような各社ほとんど似たような横並びの自動車保険は少なくなり、安い自動車保険を探すのが簡単なことではなくなりました。

自由化前こは考えられなかった安さの通販型が登場し、欧米などではポピュラーになっているリスク細分も導入され、今では簡単に全貌を知ることができないほど様々な価格の自動車保険が競争しています。

中でも、外資系を中心にダイレクト販売、リスク細分のよる適正価格(代理店経費20%を省略した"安さ")を売りにしてシェアを伸ばしている通販自動車保険が台風の目になって、各保険会社は熾烈な競争を行なっています。

私たち消費者にとっては安い自動車保険が増え、選択肢が増えてうれしいことなのですが、いざ現実に選ぶ場合になると保険料が各社によって様々であり、自分の条件でどこが一番安いのかが簡単には判断できないようになりました。

自動車保険の一括見積もり無料サービスは、このような自動車保険選びの心強いサポートをしてくれ、今では安い自動車保険選びを行なうために欠かせないサービスになりました。

一度の入力で複数社の相場が比較できる

自分の加入条件で安い自動車保険を見つけるには各社を比較することが欠かせませんが、数多くの保険会社の多様な特色を持つ保険を一つ一つ比較するのは非常に大変な作業になります。

そんな時に役に立つサービスが「自動車保険一括見積もりサービス」です。

一括見積もりなら各社の保険料の比較が簡単・便利に行なうことができます。

ネットの自動車保険一括見積は、
・複数の会社から条件に合う最適な保険会社を絞り込むことができる
・1回の入力で複数の保険会社に見積り依頼が行なわれる
・メール又は郵送で回答が届くので簡単・便利
というメリットがあり、安い自動車保険を見つけたい時に大変便利で強力な助っ人になる無料サービスです。

各保険会社の見積り資料によって行なう保険料の比較ほど安心で確実なものはありません。

自動車保険の更新の通知があったら、一度、一括見積サイトを利用して見てください。

同じ条件なのに、各社による保険料の相場の違いに驚くと思います。

同一加入条件なのになぜこんなに相場が違うのかという驚きや疑問が自分にとっての保険見直しのポイントを教えてくれるかも知れません。


■「出し渋り」は代理店型の方が圧倒的に多い

「出し渋り」問題に至っては、2005年以来、保険金一部未払い問題で不祥事続きなのは、むしろ代理店型各社のほうです。(金融庁の検査が入った東京海上日動火災保険と日本興亜損害保険などは、第三分野の3ヶ月営業停止処分まで受けました。)

ここ5、6年、不適切な不払い、支払い漏れ、請求勧奨漏れ、契約の不備を理由にする支払い拒否などで金融庁から是正を受けている案件のほとんどが保険料の高い代理店型各社のものというのが実態です。


■代理店型は「高いだけの自動車保険」になりはしないか?

専業のプロ代理店は業界の17%ほどにしかなりません。(2010年現在)
専業代理店のすべてが優秀な代理店とは限りませんから、高い手数料に見合うメリットを期待できるプロ代理店というのは業界の1割そこそこというのが実態なのかもしれません。

しかも、身近にプロ代理店を見つけることが不可能な地域の方は、代理店型のメリット(プロからのアドバイス)を受けようにもなす術がありません。

ほとんどの人は副業のアマチュア代理店の手数料のために割高な保険料を支払っているというのが実情です。

そもそも代理店の質によってサービスが全く違ってしまう任意保険を、全国一律同じ価格(保険料)で販売していること自体が問題なのではないでしょうか。

少なくとも「代理店」の存在がいざという時の顧客満足の助けになるものではないことが、第三者機関の満足度調査で例年明らかになっているというのが実態です。


■「・・・コストをかけても個人と対面して付き合いたいなら代理店型、・・・」

頼りになる専業代理店は1割そこそこ、ほとんどの地域の代理店は副業のアマチュア代理店ということになります。

果たして副業代理店のセールスマンなどと何割も高い保険料を負担してまで付き合って、事故などの時に何のメリットがあるというのでしょうか。

自動車ディーラーなどは車に関してはプロでしょうが、保険についてははっきりって素人です。(※近年保険会社による再教育などが行われているようですがその程度のことで解決する問題ではありません。)

いざという時にプロ並みのコンサルティングなどできるはずもありません。


■近くに専業代理店のない人はどうすればいいのか?

それでも身近で専業代理店が見つかる人であれば、高い保険料に見合うメリットが受けられるかもしれません。

しかし、専業代理店は業界のたった17%程度。しかも都市部に集中していると考えられます。

ほとんどの地域の方は「付き合い」ができる範囲内に専業代理店を見つけることが出来ないでしょう。

そのような地域では「高いだけの自動車保険」になってしまうかもしれません。



このページの先頭へ